オフィスセキュリティ(TS-MT0802C)

LANポートを標準装備し、IP回線に対応しています。バスランセンサを最大30ch接続ができ、テナント警備が可能です。FeliCa対応リーダの搭載、入室管理情報の保存・転送・外部出力のスケジュール制御など新機能を盛り込んだ送信機です。

遠隔監視システムTS-MT0802/0802C送信機 製品の特徴

1“多彩なインフラに対応”
LANポートを標準装備、IP回線に対応しています。
IP回線の使用により、通信速度のアップを実現しました。
IP回線不通時は、電話回線でバップアップ通報が可能です。
ISDN回線はオプション基板実装で接続が可能です。
2“FeliCa対応リーダ搭載”
マルチ対応リーダのため、社員証が非接触ICカード(ISO14443Type-A,FeliCa)なら警備用カードとして兼用が可能です。
3“テナントの監視が可能”
4警備先+1共用部の対応が可能です。
有線センサ入力8chとバスラインセンサ入力30ch、外部出力2chを標準装備しています。
4“入室管理情報をファイルで転送”
電気錠解錠情報を送信機内に保存、外部にその情報をファイル転送(FTP)することが可能です。
いつ、だれが、どの部屋に入室したかがわかります。
センタへの通報も可能です。(リアルタイム送信)
6“スケジュール機能で出力を制御”
外部出力にスケジュール機能を搭載しています。1日4回のONまたはOFF、曜日設定が可能です。
警備開始・解除との組み合わせで、出力を制御することも可能です。
5“センタから登録データのダウンロードが可能”
NexBeセンタ側で登録データの更新予約を行っておくことで、送信機からの発信時に登録データの自動更新が可能です。
アップロード(読み出し)も可能です。

遠隔監視システムTS-MT0802/0802C送信機 システム構成例

システム構成例

取扱メーカーリンク

製品の詳細につきましてはメーカーホームページでもご覧いただけます。

SAXA サクサビジネスシステム株式会社 製品情報

その他の取扱商品や内容につきましては、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせ
ページ先頭へ